FXから学ぶ空売りの攻略法

 

ご存知のように、株における「空売り」とは、信用取引において株を 預かり、値が下がったところで 買い戻し、差益を得る(通常6ヶ月以内に精算する必要あり)というものです。

 

株では銘柄によっていくつか制限がありますが、FXでは標準装備です。

 

基本的には、FXでいうセオリーは大体、株にもあてはまります。

 

戻り売り の原理などですね。

 

そして、株取引においては、この「空売り」をいかに上手に行えるかが、成功と失敗の道を分けますので、十分に研究・練習する必要があります。

 

 

また、株のバックグラウンドをよく確認しておく必要があります。

 

企業業績好転などのニュースがアナウンスされたときななどは一斉に買いが入ることになるので、短時間のうちに、いわゆる「天井」に到達します。

 

 

またもう一つのパターンは、通常の株価水準からして割安 − という状況で株価が高騰する場合。証券会社が自己買いをする場合などは多いです。

 

この場合は、上記よりも緩やかな上昇となりますが、そこでの天井を狙っていくことになります。

 

2つのケースを見ると、当然ながら前者のケースのほうが、速い仕掛けkが必要となります。

 

出来高のデータt確認も必要です。

 

 

 

(関連記事:株ドカン : 空売りとの関係は?