FXから学ぶロスカットの考え方

 

FXに損切があるように、株にも当然、ロスカットの概念があります。

 

損切は必須であり、損切を行わないと勝ち続けることは出来ません。

 

FXにおける損切の手法はとても難しく、プロでもそのやり方は人によって違います。
投資家個人、あるいはツールやノウハウを使うのであれば、そのノウハウのルールに従うことになり、結局、「正解はない」というのが正解かもしれません。

 

投資金の○%と決めて行う − とかのやり方がはじめのうちは主流でしょうが、株の場合もそれで良いでしょう。

 

様々なノウハウを駆使して、大きな損失を抱えないよう工夫するのは当然ですが「、資金の○%の損失になったら有無を言わさずきる − こういう「「姿勢」が大事なのです。

 

 

 

関連記事:
マエストロFX(Maestro FX):この名教材にもロスカット法が大事と書いてある